メタルフリー審美

HOME >> メタルフリー審美

メタルフリー審美って?

金属を使わずに、セラミックやレジンで治療する方法をメタルフリーと呼びます。

保険治療では丈夫で安い金属での治療が行われますが、最近
「昔治療した銀歯が笑うと見えるのが気になって大きな口で笑えない」
「つい口元を隠してしまう」
というようなお声をよく聞くようになりました。

また、白いかぶせものをしていても芯の部分に金属を使っていると金属のイオンが原因で歯ぐきが黒ずんできたりします。
メタルフリーでは金属を使わずに治療することで、天然の歯に近い状態にすることができます。

当院では患者様のご希望に合わせて、メタルフリーや歯の内側に金属を使った方法など、様々な審美歯科治療をご提供しています。

部分ごとの治療法

歯の断面図 歯のかぶせもの、詰めもの
(クラウン、インレー)
オールセラミッククラウン
ハイブリッドセラミッククラウン
ハイブリッドセラミックインレー
歯の土台
(コア)
ファイバーコア
歯根 歯肉の中に隠れています

歯を全体的にかぶせる方法(クラウン)

オールセラミッククラウン(プロセラ)

歯の全体を1~1.5mmほど薄く削り、白いセラミック(陶材)を被せて歯の見た目を修復・改善する治療法です。金属をまったく使っていないので、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

また、色調も天然歯と変わらないため、自然な見た目を再現することができます。また、被せ物と歯肉の間に黒ずみができないのもメリットです。

オールセラミック(ゼノスター)

強度が高く、丈夫です。特に臼歯などの噛む力がかかる部位に安心して使っていただけますが、全体が白みがかります。金属が使われていないので歯肉が黒ずむことなく、金属アレルギーの心配が大きく軽減されます。経年的な劣化が少なく、物性が安定しています。

特に「金属アレルギーがあるので金属の物は使いたくないが、臼歯なので耐久性も欲しい」という方にオススメです。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックとプラスチックの中間の性質を持った素材を用いて、歯全体を1~1.5mmほど薄く削り、被せ物の内側を金属で覆い、外側をハイブリッドセラミック、またはセラミック(メタルボンド)で処理する治療法です。セラミックに比べ軟らかいのも特徴です。

 色調硬さ色の変化適応
オールセラミック(プロセラ)より自然硬い少ない前歯、奥歯
オールセラミック(ゼノスター) 自然 硬い 少ない 奥歯
ハイブリッドセラミック自然歯に近い硬さ軽度な変色あり奥歯、前歯

メタルボンド

金属が使用されていない「オールセラミック」と違い、全体的に歯を覆う金属の被せ物を作り、その上からセラミックを焼き付ける治療法です。フレームには金属を使用しますが、正面から見えることはありません。高密度で高い強度を持ち、従来のプラスチックの被せ物と比べて色素沈着が起こりにくいのが特徴です。また、変色はほとんどありません。

小さな虫歯治療や金属の詰め物を入れ替える方法(インレー)

e-maxインレー

オールセラミックの詰め物です。変色する可能性が低いので、透明感のある自然な歯の状態が維持出来ます。金属を使用していませんが丈夫で耐久性にも優れています。

ハイブリッドセラミックインレー

セラミックとプラスチックを合わせた素材の詰め物です。自然な歯に仕上がります。

歯の土台(コア)に審美性が良く、破折しにくい材料を使用する方法

ファイバーコア

ファイバーコアとは、金属の変わりにファイバー樹脂で作られた歯の土台です。光の透過が天然歯に近く、とても自然な美しい仕上がりになります。また、金属を使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。ある程度しなやかさがあるため歯にやさしく、衝撃を吸収することが可能です。歯根の破折を予防したい方におすすめです。

かぶせ物・詰め物の治療費

種類 消費税抜き価格
オールセラミッククラウン(プロセラ) 85,000円
オールセラミッククラウン(ゼノスター) 60,000円
ハイブリッドセラミッククラウン 前歯 45,000円
奥歯 40,000円
メタルボンド 75,000円
e-maxインレー 38,000円
ハイブリッドセラミックインレー 25,000円
ファイバーコア 7,000~10,000円
(歯根の数で変動します)

無料カウンセリングその他お問い合わせはこちら